会長が綴る、写真日記


by m-tsubouchi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:健康( 1 )


f0040670_21483237.jpg
 歯医者ってのは何度行っても嫌なものだ。部分入れ歯を作ったと思ったら2本目の治療に取りかかった。歯医者が言うには、どうも僕は歯の神経が細いようだ。その上、S字状に曲がっていると言うことで、長時間口を開けっ放しにしなければならなかった。拷問である。
 毎回歯医者が治療しているところを見ながら治療を受けることができないものだろうか、と思う。理髪店に行っても鏡がある。当然と言えば当然だが、今まで治療椅子の前に鏡を設置している歯科医院を知らない。私は、そういった診療所があってもおかしくないんじゃないかと思う。手先を見ていれば私の長い経験からしても、この医者は器用かそうでないぐらいかは見当がつきそうである。又、鏡が有れば口の開け方も協力出来ようというものだ。事実、自分の目の前にあるライトのファーストリフレクター表面が凸面鏡のようになっているので、そこに写った小さな口元を見ながら首を少し回転させて治療しやすいようにしてあげているのである。医者の方からすれば鏡などを付けて患者に恐怖感を抱かせない方がいいと思っているだろうが、見えない恐怖の方が私には遥かに大きいのである。「お願いです。手鏡でも良いから使わせて下さい」と、あの治療椅子に固定されるたびに、思うのであるが、そのように訴えたことは、今まで一度もない。あの「笑いガス」にはきっとそういう気持ちを抑え込む秘密が隠されているのだろう。歯医者ってのは良い職業だと思わないのは私だけだろうか?
[PR]
by m-tsubouchi | 2006-01-13 21:53 | 健康